園だよりトップへ

【2月28日】

今日は、年長組のみんなでアイマスク体験をしました。

瀧川先生をお招きして、目の不自由な方についての

お話をしていただきました。

 

 

 

写真やイラストを見ながら、目の不自由な人の代わりになってくれる

『盲導犬』や、『点字』が言葉の代わりになっていて、エレベーターや洗濯機、

アルコール類の缶の上など、様々なところについているのを

知りました。

 

 

 

杖にも様々な種類がありますが、目の不自由な方は白い杖を

持っています。

この白い杖を使って、目の前の障害物を確認しています。

 

「 道路を歩く時には、白い杖を使いながら点字ブロックの上を

歩くので、車や自転車などが止まっていたら、“ 危ないよ ! ” と、

お家の人に教えてあげてね。」 とお話してくれました。

 

次に、みんなで一度静かに目をつぶってみました。

すると、『声』 や 『音』 がよく聞こえたり、『におい』 で何があるか

わかったり、『手』 で触ると形がわかったり、目の不自由な人は、

《 耳・鼻・肌 》で感じながら生活していることを知りました。

 

 

《 アイマスク体験 》

 

 

 

 

実際にアイマスクをつけてみると、「 ちょっとこわい・・・ 」

という声もありました。

出来るだけ不安にならないように、「歩くよ。」「左に曲がるよ。」

「止まるよ。」など、一つ一つ聞こえるように声を掛けることが

大事だと知りました。

 

最後に、「 街で目の不自由な人を見かけたら、優しく声を掛けたり、

困っていたら手助けしてあげてね ! 」 と伝えてくれました。

 

今日のアイマスク体験で、様々なことを学びましたが、

小学生になっても忘れないでいて欲しいと思います。

 

瀧川先生ありがとうございました。